頭皮のカビ治療薬ならイトラコナゾールとミコナゾール

頭皮のカビ治療薬ならイトラコナゾールとミコナゾール

頭皮トラブルは多くの人が経験しています。
そのまま放置をしていても治療することはできませんので、なるべく早めに市販薬を塗るようにしましょう。
たとえば、頭皮のカビにはイトラコナゾールやミコナゾールが効果的です。
頭の真菌症は早期発見と早期治療が重要です。

皮膚科で診てもらのがベストなのはもちろんですが、病院に行けない場合には適切な治療薬を使っておきましょう。
使用をする際には、定められている期間使い続けることが重要です。
自分の判断だけで止めないようにするのがポイントです。
さらに、決められた使用回数を守るようにしましょう。
自己判断をしてしまうと、悪化する要因にもなりますので注意してください。
塗るときには、よく塗り込むようにします。

また、頭皮のカビにはさまざまな原因があります。
そのうちのひとつには、白癬菌があります。
ケラチンというたんぱく質があると増えてしまうカビの一種です。
全身のどこでも感染する可能性があるのですが、頭皮に生息してしまうことがあります。
そのような場合には、イトラコナゾールやミコナゾールを使って早めに対処する必要があります。

水虫などの場合にも効果的です。
ヒルドイドという有効成分が入っている薬を使ってもいいでしょう。
その他、真菌の繁殖を抑える有効成分が含まれていれば、頭部のカビの発生を抑えることができます。
頭皮のカビにはこれらの薬が有効ですから、適切に利用するようにしてください。

イトラコナゾールやミコナゾールは塗り薬のため、基本的には副作用は少ないと言われています。
塗る時の刺激も少なく、しみたりヒリヒリしたりすることもありませんので、あまり神経質になる必要はありません。
ただし、使用する人の体質によっては皮膚のかぶれが発生する可能性があります。
イトラコナゾールやミコナゾールを使ったことで皮膚が赤くなったり、余計にかゆくなってしまった場合には、使用を中止してなるべく早めに医師の診断を仰ぐようにしましょう。

シャンプー後に乾かさないで寝るのも悪い

副作用が少なく水虫などの真菌症に効果があるイトラコナゾールやミコナゾールを有効成分とする薬を使えば、頭皮にできたカビに対処する事ができます。
でも一番良いのはイトラコナゾールなどに頼ることなく、はじめからカビの繁殖を防ぐことです。
そのためには、シャンプーをした後に髪を乾かさないで寝ることはやめるようにしましょう。
というのも頭皮のカビの原因である白癬菌などは、湿気の多いところで繁殖しやすいのです。

シャンプーで頭を清潔にしていれば、カビが生える心配はないと思う人も居ますがそれは間違いです。
カビの原因となる真菌はいたるところに生息しています。
例えば浴室から脱衣所に場所を移して、体を拭くときに本人や家族が水虫になっている状態でタオルを共有していたら、足を拭いたときにタオルが白癬菌の付着した状態になります。
そのまま頭部を軽く拭いてしまうとその時点で白癬菌に感染してしまいます。
そうでなくても寝ているときに使っている枕というのは目には見えませんが真菌症の原因となる雑菌が数多く生息しているところです。

また、髪の毛が塗れたままで寝てしまうと、枕は髪についた水分を吸って湿気が多くなってしまいます。
その上頭部を枕に乗せている状態だと体温で温まります。
そうなれば高温多湿の状態ができてさらに頭皮のカビが生えやすくなります。
このことから、頭皮のカビを防ぎたいのであればシャンプー後の頭部が塗れている状態というのは、もっともやってはいけない行為というので理解できるということがわかるでしょう。
頭皮をカビから守るためには、シャンプー後には吸湿性の高いタオルで丁寧に髪の水分を拭き取り、乾きが足りないのであればドライヤーを使ったりしましょう。