頭皮のかゆみの原因はさまざま

頭皮のかゆみの原因はさまざま

頭皮のかゆみは、主に炎症によって引き起こされると考えられます。
一口に炎症と言っても、その原因はいくつか存在します。
頭皮のかゆみの原因をしっかりと把握し、適切な対策をとることが肝要です。

日頃の行動から炎症を起こす一因として、シャンプーやリンスなど洗髪剤の洗い残しがあります。
これらに含まれる洗髪成分が残っていると頭皮へのダメージとなり、炎症に繋がる可能性があります。
ヘアワックス等の整髪料を使用していたり、髪染めやパーマを行っていたりする場合も同様です。
頭を洗う際は、これらをしっかりと洗い流すように心がけましょう。
洗髪剤を泡立て、爪を立てたりせずに人肌より少し暖かいくらいのお湯で洗うのがポイントです。
また、肌のアレルギー反応が原因の場合もあるので、使用している洗髪剤を見直してみたり、専門施設で相談や検査をしたりすることも有効でしょう。

違ったところでは、大量に分泌される皮脂が原因で炎症を起こす場合もあります。
毛穴に詰まった皮脂が酸化することで刺激物質となり、頭皮にダメージを与えるだけでなく、菌の増殖にも繋がるため適切なケアが必要です。
臭いも発生し、髪や頭皮の見た目もギトギトとしてしまい、印象に影響が出かねません。
抜け毛の可能性も高まるため、かゆみ以外でもさまざまな問題を呼び込んでしまいます。

そして、頭皮にかゆみが発生するとAGAとの関連を考え、不安を持つ人もいるでしょう。
しかし、基本的にAGAの症状とかゆみは別問題です。
その理由は、AGAの要因は男性ホルモンによるところであり、男性ホルモンがかゆみを引き起こす要素はありません。
かゆみは側頭部や後頭部といった箇所でも発生しますが、男性ホルモンの感覚器が存在するのは頭頂部と前頭部のみです。
このようなことから、AGAと頭皮のかゆみは別問題だと言えます。
しかしながら、AGAと頭皮のかゆみを併発している場合も多くあるので、かゆみ自体にAGAと関連性がなくても注意が必要でしょう。

季節よる乾燥やストレスなどもかゆみの原因

頭皮のかゆみが続くとAGAを疑う人もいるかもしれませんが、AGAと頭皮のかゆみは全くの別問題と言えるでしょう。
AGAの場合には頭頂部や前頭部のみに症状が出るケースが多く見られますが、頭皮のかゆみはこれ以外にも後頭部や側頭部にもあり、頭皮全体にかゆみが発生することがほとんどです。

頭皮のかゆみには様々な原因が考えられますが、季節による乾燥やストレスなどもかゆみの原因とされています。
頭皮のかゆみはフケが発生する前触れでもあり、たとえフケが出ていなかったとしても、かゆみを感じる場合には何らかのダメージを頭皮が受けている可能性があるでしょう。

季節による頭皮の乾燥は、夏の場合には紫外線、冬の場合には乾燥した空気などが影響しています。
また頭皮環境の悪化でも乾燥が発生します。
特に頭皮環境の悪化は、間違ったシャンプーの使い方により日常的にひきおこされていることが多くあるでしょう。
例えば1日に何度もシャンプーをしたり、洗浄力が強いシャンプーを使っていると、本来であれば頭皮を乾燥から守るバリア機能を持つ皮脂を必要以上に洗い流してしまい、これが頭皮の乾燥につながる可能性があります。

またストレスによっておこるかゆみについては、原因を探るのはなかなか難しいでしょう。
ストレスは無意識のうちにたまっていくものであり、ストレスがかかわる頭皮のかゆみを予防するためにも、生活習慣の見直しを行い、日ごろからストレスのたまりにくい生活を送ることが重要です。

また場合によってはアレルギーを併発していることにより炎症が発生している可能性もあるため、この場合には医師との相談のうえ何らかの対策を行う必要があります。
かゆみが強いとついつい掻いてしまいます。
炎症がひどくなると治りにくくなるため、できるだけ頭皮を傷つけないように心がけましょう。