プロペシアの成分フィナステリドはミノキシジルと併用

プロペシアの成分フィナステリドはミノキシジルと併用

AGA治療の抜け毛予防に用いるプロペシアと呼ばれる薬は、フィナステリドの有効成分としている飲み薬です。
この成分は既に解明されている男性ホルモンによる抜け毛の促進のメカニズムを阻害する目的で活用されるものであり、定期的に服薬することにより抜け毛を予防することができる効果が期待されています。
このプロペシアとミノキシジルを併用することが薄毛対策としては非常に有効であることが知られています。
特別な事情がなければ、有効な選択肢として使用することができます。

AGA治療で用いられるフィナステリドは、それ単体で髪の毛を増やす結果をもたらすことがあるのは事実です。
抜け毛予防の効果が発揮されることにより相対的に髪の毛が増えたように感じることもあり得ます。
しかしながらメカニズムとしてフィナステリドには発毛や育毛促進する効果が期待できるものではありません。
そのため髪の毛を積極的に増やしていこうと考えているのであれば、ミノキシジルと呼ばれる成分を別途摂取していくことが有効であると考えられます。
フィナステリドとミノキシジルの併用は薄毛対策としては非常に効果的なものと考えられているのです。

その発毛効果には個人差がありますが、副作用に気をつけながら活用する分には大きな問題になる事はありません。
併用することができる薬ですので上手に組み合わせることが効果的であると考えられています。
使用するタイミングについては人によって異なる部分がありますので医師の指導を受けるのがオススメです。
元々プロペシアは医師の処方箋がなければ購入することができない薬ですので、使用するにあたっては医師の意見を丁寧に聞くことが大切です。
現在ではフィナステリドやミノキシジルを含有している薬にはいくつかの種類があります。
これらはあくまでも成分の名称であるという特徴がありますので、薬を選択する際には別の名前で提案されることもありえます。
そのような仕組みについて理解しておくと良いでしょう。

ミノキシジルは育毛の効果がある

フィナステリドが主成分のプロペシアはAGAの症状の直接的な原因である活性男性ホルモンが生成されるのを防いでくれるメカニズムによってAGAが原因の抜け毛予防の効果を得ることが期待できます。
そのためプロペシアは、AGAの症状の進行を食い止めてくれる効果は期待できるのですが、精力減退やEDの副作用が心配されるだけではなく、髪の毛を健康にする発毛効果を得るまでには至りません。

しかしAGA治療薬にはミノキシジルという育毛効果を得ることが期待できるものもあるのです。
髪の毛は毛穴の奥に頭皮の毛細血管が繋がっていて、そこから栄養分が届けられることによって健康な状態を保つことができます。
ミノキシジルは頭皮の毛細血管の血液の流れを改善させて、たくさんの栄養素を髪の毛に送り届けるというメカニズムによって育毛の効果を得ることができるのです。

そのためAGAを治療するためにはプロペシアとミノキシジルを併用するのが効果的であるということになります。
プロペシアは内服薬として身体に中に取り込むので副作用がないかを慎重に見極める必要がありますが、ミノキシジルは外用薬として頭皮に塗布する形で使用すれば副作用の心配がほとんどありません。

頭皮に塗布するタイミングとしては朝起きたときと、夜寝る前の1日2度塗布するのが適しています。
特に夜寝る前は眠っている間に成長ホルモンが分泌される働きをサポートしてくれるため高い発毛効果を得ることが期待できるのです。

ミノキシジルは外用薬という形で提供されているのが一般的ですが、内服薬として処方される場合もあります。
内服薬を服用する場合は体毛が濃くなったり血圧が下がったりする副作用があるため、お医者さんと慎重に相談して服用することが必要です。