プロペシアジェネリックも効果抜群!AGA対策しよう

男性の多くが悩んでいる薄毛ですが、最近では医学の進歩もあり、薄毛の対策となるような薬剤が色々と開発されています。
中でも有名なのがプロペシアで、その効果に満足している人も珍しくありません。
そんなプロペシアには実際どのような作用があって、男性の薄毛を改善してくれるのでしょうか。
ここではプロペシアのジェネリックであるエフペシアやフィンペシアなども取り上げながら、薄毛の薬剤による対策を詳しく解説していきます

プロペシアの効果と作用について

薄毛の対策で有名なプロペシアには、フィナステリドと呼ばれる物質が含まれています。
このフィナステリドがプロペシアによる薄毛改善の主な物質であり、実はフィンペシアやエフペシアといった薬剤にも含まれているのです。
フィナステリドの作用は簡単にいうと、薄毛の原因となる男性ホルモンの発生を抑制します。
この男性ホルモンが増えてしまうと髪の毛が抜けていくため、薄毛対策をするのであれば何とかその発生を抑える必要があるのです

そんなフィナステリドがプロペシアに多く含まれており、結果として髪の毛が抜け落ちていくのを抑止します。
昔から男性ホルモンが強すぎると薄毛が進行するという話は巷にも広がっていましたが、実際にかなりの関連性があることが分かっています。
それからプロペシアにはもうひとつ、前立腺肥大を抑制する作用も期待できます。
男性は年齢が上がるにつれて前立腺肥大が起こることも多く、そうした症状に悩まされている方も珍しくはありません

それがプロペシアを飲むことによって改善されることがあるため、この薬は非常に有用であるといえるでしょう。
ちなみに前立腺肥大が起こると尿の出が悪くなったり、前立腺周辺に違和感を感じたりするようになるため、ある程度の自覚症状が現れてきます。
つまり、プロペシアというのは単なる薄毛の対策となる薬剤であるだけでなく、前立腺肥大という男性が抱えやすいもうひとつの悩みも改善してくれる可能性があるといえるのです。
特別な手術を受けるわけではなく、プロペシアという錠剤を服用することでそうした悩みを改善できるのであれば、是非とも試してみたいものですよね。
最近ではプロペシアのジェネリックも存在しているため、試しやすい環境にあります

プロペシアジェネリックのフィンぺシア

プロペシアのジェネリックとして有名なものに、フィンペシアという薬剤があります。
ジェネリックと聞いただけであまり良い印象を持たない人もいらっしゃるかもしれませんが、実際は多くの人がいろいろな薬剤のジェネリックを活用しているのが現実です。
また、ジェネリックだからといって元々の薬剤の効果が得られないというわけではなく、例えばプロペシアのジェネリックであるフィンペシアにはきちんとフィナステリドが含まれており、薄毛改善の効果は期待できます

では、プロペシアの後発医薬品であるフィンペシアには、どのような特徴があるのか見ていきましょう。
まず本家のプロペシアと後発医薬品のフィンペシアでは、価格が大きく異なります。
どちらもAGAの治療に用いられる薬剤でフィナステリドが配合されているのですが、後発医薬品であるフィンペシアの方が価格が段違いに安くなっています。
それからプロペシアとフィンペシアでは販売している企業が異なったり、配合成分に多少の違いがあったりしますが、AGAに効果があるという点で大きな違いはないといえます

また、どちらも錠剤という形態で服用する点も変わりはありません。
そしてもう一点重要なのが、前立腺肥大を抑制する効果があるかどうかです。
プロペシアのジェネリックであるフィンペシアの効果にも、本家と同じような前立腺肥大を抑制する効果が期待できます。
これは非常に重要なポイントといえるでしょう

このように、プロペシアとフィンペシアは後発医薬品かどうかという違いはあれど、薬剤としての作用にそれほど大きな違いはないといえるのです。
その上でジェネリックの方が価格が安いので、ある意味でお得であるといえます

ジェネリック医薬品の安全性は?

ジェネリック医薬品を活用する上で気になるのが薬剤の安全性です。
後発医薬品ではないものは、度重なる治験などを実施した上でその安全性を確認し、販売するまでに至っています。
それまでに動物だけでなく人間にも薬を投与して安全性を調べていますので、何らかのトラブルが生じる可能性は非常に少ないといえます

一方で、後発医薬品であるジェネリックの安全性はどうでしょうか。
今現在、病院などで処方されているジェネリックはかなり膨大な数になります。
恐らく、誰もが一度は何らかの病気を治療する目的でジェネリックを処方されたことがあることでしょう。
それだけ多くのジェネリックが普及している現在において、ジェネリックの安全性が危ぶまれるような報道がなされることも殆どありません。
つまり、ジェネリックは後発医薬品であるというだけで、特別安全性が低い薬剤というわけではないのです。
ジェネリックの安全性を心配される人の多くは、恐らくその価格の安さが気になるのでしょう

極端な例を挙げると、ジェネリックの方が本家の薬剤の10分の1の価格であるケースもあり得るのです。
それだけ価格が異なると、やはり何らかのデメリットがあるように思えてしまうのが消費者としての心理です。
しかし、そもそもそうした薬剤自体がジェネリックの価格で作製できるというのが現実であり、原価に沿った価格となっていると理解すれば、ジェネリックに対する不安感も薄れるのではないでしょうか。
安全性を最優先に考えるのであれば、ジェネリックではない薬剤を使用するのもひとつの選択です。
逆に価格の安さを重視したいのであれば、ジェネリック医薬品を選択しても良いかと思います

AGA対策は気づいたらすぐ始める

男性が自分の薄毛に気づいたら、一刻も早く対策を始めることが望ましいといえます。
特に精神的なストレスなどによる一時的な薄毛ではなく、AGAによる薄毛であるならば、対策を講じなければ髪の毛は抜けていく一方です。
もちろんAGAへの対策として運動をしたり、食生活を改善したりするという方法もとることはできますが、やはり根本的な原因である男性ホルモンの発生を抑制することが何よりの近道といえます。
それを実現できるのは、フィナステリドが含まれているプロペシアであり、その後発医薬品であるフィンペシアといった薬剤なのです

AGAは一定以上進行すると、例えフィンペシアのような効果の高い薬剤を服用したとしても、良い結果が得られにくくなることが多いです。
例えばAGAによる薄毛の進行で、髪の毛が1本もなくなったとしましょう。
そうするといくら高価なプロペシアを服用したり、価格が少し下がるけれども薄毛対策の効果がプロペシア並みのフィンペシアを服用したりしても、殆ど症状が改善しないことも珍しくないのです。
もし身の回りにプロペシアやフィンペシアを使用した経験のある人が存在する場合は、実体験を聞いてみてください。
恐らく口を合わせてAGA対策をするのであれば、早い方が良いということでしょう

このように、最近髪の毛が抜けやすくなったとか、髪にコシがなくなったとか、AGAの兆しが現れはじめたら速やかにプロペシアやフィンペシアの服用を検討しましょう。
目に見える形で薄毛が進行した状態よりも、自分自身が僅かに気付くくらいの段階でAGAの治療薬を使い始めることで、良い治療結果を期待することが可能となります。
どんなものでも早期発見・早期治療が原則です。